研究会について

研究会について

パッシブ技術研究会

団体概要

パッシブ技術研究会とは、パッシブ換気の温暖地・蒸暑地への普及を目指し、現実的で自然の力を上手く取り入れた住宅づくりを目指しています。
パッシブ技術の普及を目指し、そして高い省エネ性と快適性を持つ住宅を供給する事による「住まい手の幸せの創造」「健康の増進」「参加メンバーの発展」のため、ひいては「日本建築業界の発展への寄与」を目的とします。

当会の目的

会員企業の事業発展と資質向上  

  • 研究開発
    • 温暖地におけるパッシブ換気(ハイブリッド換気)に関する実測と効果検証
    • 公的なガイドライン等への反映を目指す。
    • パッシブ換気に関連する技術開発
      (太陽熱給気予熱の省エネ効果、頂側壁方式の開発、床下エアコン手法の確立等)
    • 当会が目指す温暖地・蒸暑地域におけるパッシブ住宅のベストミックスの探求
  • 勉強会・現場見学会等の開催
    • パッシブ換気システムの設計技術や煙突の作り方、基礎の設計方法等
  • 外部へ対してパッシブ技術の情報発信。(ユーザー向・業界向とも)
  • 会員への様々な情報提供(行政情報・補助政策・etc)
  • 各種補助事業への参画(システム採択)支援等
    平成25・26年度住宅・ビルの革新的省エネ技術導入促進事業費補助金において、
    「太陽熱利用型ハイブリッド換気システム」として「プラスワン・システム」の採択を受けています。

入会について

入会資格

  • 本会の活動に興味を持ち、支援と参加を頂ける方
  • 会員内で情報提供に求められた場合に協力を惜しまない方
  • 積極的に会の内部へ情報提供を行える方

※入会にあたり、審査がございます。詳しくは、お問い合わせ下さい。

年間活動について

  • 総会、定例セミナー
  • セミナー、勉強会の開催 3回程度
  • 現場見学会適宜
  • パッシブ技術研究会(北海道)大合宿への参加
  • H28年度3周年記念、海外での技術研修会、等・・・

パッシブ技術研究会 団体概要

屋 号

パッシブ技術研究会

顧 問

  • 福島 明(北海道化学大学 工学部 建築学科 教授)
  • 田島 昌樹(高知工科大学 准教授)

代表世話人

松永 潤一郎
所在地 東京都練馬区南大泉5-18-19(株式会社マツナガ)
連絡先 TEL:03-3925-0065 FAX:03-3925-0061
webinfo@passive-gijutsu.com

運営委員

    • 松永 潤一郎(株式会社 マツナガ)
    • 原田 賢(株式会社 原田工務店)
    • 佐藤 喜夫(有限会社 佐藤工務店)
    • 寺尾 信子(株式会社 寺尾三上建築事務所)
    • 熊木 美樹(株式会社 ダイコク)
    • 熊井戸 美佐夫(株式会社コンクスハウジング)

会員

提携団体